SECESSION ケーキ・焼き菓子 SECESSION ケーキ・焼き菓子
TOP お問い合わせ 採用情報
 
SECESSION 離脱
時代にはそのお菓子を、お菓子にはその自由を…
既成概念を越え、新世紀の菓子工房として疾走し始めたSECESSION。
食べたその時だけで終わるのでなく、後々まで記憶にしっかりと
刻まれる味覚のハーモニーと食感のコントラスト。
常に進化する前衛の菓子作りはとどまることを知りません。
Zutaten 素材
旬の果実たっぷりの生菓子はもちろん、関西で類を見ない数々の焼き菓子は、
厳選し、各地より取り寄せた素材の持ち味を最大限に発揮します。
アーモンドは香り高いシチリア産。
卵は高知の南国おくだ農園から届く平飼いもみじ卵。
バターに至っては用途によって4種類を使い分けています。
産地と収穫時期を打ち合わせて取り寄せるなど、あり物に満足せず、
常に既存から離脱した素材を求めています。
Frischegrad 鮮度
意外に思われるかもしれませんが、焼き菓子こそ鮮度が特に大切です。
中には数ヶ月日持ちするお菓子もありますが、セセシオンが特にこだわるのは、
アトリエで毎日焼きあがるパイやタルト。窯でしっかり火を入れた、 焼きたてだけが持つ素材の生きた味わい。
焼き菓子の新たな魅力をきっと発見して頂けます。
目の前で焼きあがったばかりのパイやフレッシュケーキを菓子職人から直接、
お買い上げ頂けます。
さながらアトリエで画家から絵を買うように。ここはお菓子の工房です。
スタッフは全員が作り手です。
だから、セセシオンはケーキ屋(Konditorei)ではなく、
菓子職人のアトリエ(Konditoratelier)。
お菓子との新鮮な出会いが待っています。
SECESSION パティシエ紹介
特別なお菓子 Elisenlebkuchen
 ドイツではスーパーで手に入るポピュラーなお菓子、レープクーヘン。しかし、ドイツ人でさえ「本物」を食べた人はそう多くないかもしれません。
「エリーゼン・レープクーヘン」を名乗るには、ナッツ(アーモンド・ヘーゼルナッツ・くるみ)の割合が全体の25%以上、粉類は11%以下という厳格な
規格がある上、それを満たしてもなお菓子職人の手によるものと工場製品には大きな開きがあるからです。そして本場ニュルンベルクと他の地方でも
水準にかなりの差が見られます。
 アトリエ開業以前にニュルンベルクで食べた味が忘れられぬ記憶となり、10数年の時を経て当地を訪れ研究を重ねて完成させました。
 SECESSIONの数ある焼き菓子の中でも特別なこだわりの一品です。ナッツは自家挽き、粉類の使用は打ち粉のみとして素材の味わい深さと食感を追求しました。全てが手作業のため多くを作る事はできません。そして、スパイスの効いたこの味わいは、日本で「どなたにも好かれる」
タイプのお菓子とはならないでしょう。それでもなお皆様にご紹介したい特別な、そしてこれからもアトリエで進化を続けるお菓子です。まことにドイツらしき深遠な味わいをご賞味下さい。
こちらもご覧下さい
 
オーストリア・シュタイヤーマルクの南瓜の種


製作中
 
奥伊予城川町の和栗
 
こだわり食材:南国おくだ農園の平飼いもみじ卵

製作中
 
秋の「超」定番モンブラン
夏の終わりにはいつも「まだ?」とお声を頂く幸せものなケーキ。秋から冬にかけての限定です。
このモンブランは栗の直球勝負!です。愛媛県の城川町より頂く和栗の味わいは、この上なく純度の高い栗の風味とホクホク感。それを生かすために、マロンクリームをお酒で香り付けしたり、生クリームで軽い食感にしたり・・・という事は、致しておりません。冷蔵庫から出して直後は少しポロポロするかもしれませんが、それぐらい濃い栗そのものを堪能して頂けるお菓子です。